中学受験中の過ごし方

中学受験の成績が伸びない時塾のかけもちは?上がらない時の勉強法

目安時間 10分

本来、小学生なら十分に休息を取り明日も元気に学校に行くために、規則正しく毎日早く寝ることが基本的には一番大事だと思います。
 
 
それが中学受験すると決めたその日から、大人でも大変だと思うような勉強を毎日続けなければなりません。
 
 
それでも塾での成績がイマイチ伸びなくて、頑張っているのにあまり上昇しない成績を見かねた親御さんが他の塾にも、かけもちで通えば成績が上がるのではないか?と考えることがあるかもしれません。
 
 
今回は、中学受験の成績が伸びない時に塾のかけもちをすることと、成績が上がらない時の勉強法などについてお話します。
 

スポンサーリンク

 
 

中学受験の成績が伸びない

 

これは私の姉の家の場合の話です。
 
姉は子供を二人とも日能研に通わせ現在は私立中高一貫校に通わせています。
 
 

今回は私の子供の話をします
 
小学生といっても、中学受験を目標に塾に通っている5・6年生になると平日に塾がない日は、多くてもたった1日になりますね。
 
 
その時点でかなり大変なことだと不安になると思います。
 
 
ですが子供は塾での生活に馴染むのも早く、塾に来ているお友達が同じような生活をしているのであれば、そのことが不思議とは思いません。
 
 
なので単純に塾に行くのは、中学を受験するためというシンプルな考えだけで続けていくことができます。
 
 
ですが塾に通っている間にいくら休まずに続けていても成績が上がってこない時期は必ずあります
 
 
我が家の下の子は「成績がぐんぐん上がっていく」という状況になったのは、かなり遅くて6年生の時でした。
 
 
特進クラスに在籍していたので、授業を理解していないということではないと考えていましたが、特進クラスゆえに周りのお友達は、とにかくよく勉強されていたのです。
 
 
それが我が子は4年生で塾に入ってから一度として、猛烈な勢いで勉強しているのを見たことがありませんでした。
 
 
一生懸命なところが見えない我が子に対して『本当に大丈夫なのかな?』といつも思っていましたが、学校の勉強も塾の勉強も『やりたくない』とは言いませんでした。
 
 
ただ毎日の日課をこなしているといったところです
 
 
そんな我が子ですが
 

  • 小学校へ行き
  • 帰ってきたらすぐに塾へ行き
  • 週末はカリテや特訓
 
となると体力的な疲労がでてきます。
 
 
家では、わからないことがない場合は、勉強をすることはありませんでしたから、(いま思えば)そのあたりで体力を温存していたのかもしれません。
 
 
 

中学受験の塾のかけもち

 
たとえば・・
成績が伸びない我が子をそばで見ている私が
 

あまり勉強していないようだから、もう一つ塾を掛け持ちさせよう
 
と考えたとします。
 
 
ですが、どうやってもかけもちで塾に行くことは物理的に不可能になります。
 
 
まず時間が足りません
 
 
普段は放課後4時すぎに帰って来る子どもが、何かの行事のために遅くなったりすれば、そこでもう日常のサイクルは違ってしまいます。
 
 
さらに、これまでは小学校の宿題もなるべく授業で残った時間や、休み時間に終わらせていましたが、新しく加わる塾の宿題をする時間はもうありません
 
 
しかも同じ中学への受験に向かって勉強しているのですから、どちらの塾もその中学校に向けてアプローチをしていきます。
 
 
そして最終的には、同じような問題を違う塾で2回解くことになります。
 
 
これは時間がもったいないことですよね。
 
 
心配だから他の塾も、と思い入った塾でも勉強していることが同じであれば、その必要はなくなります
 
 
しかも答えの導き方がその塾によって違うとなると一番混乱するのは、本人です
 
 
そのことを考えれば1つの塾で習った方法を、自分の中で完璧にできるようにすることの方がより合格に近づくのではないかなと思います。
 

 
 

中学受験の成績が上がらない

 
かけもちが難しいとはいえ、それでもお子さんの学力が心配で、このままだと不安な気持ちになる親御さんもいらっしゃいますよね。
 

  • 成績が思ったほど上がらない
  • やる気が見られない
 
などの理由で他の塾と掛け持ちしてみようかと考えるなら、まず最初に現在通っている塾に面談を申し込み、教務に行って自習室で勉強することをおすすめします
 
 
自習室で問題が解決できるなら、わざわざ他の塾に行き、新しい問題の解き方から始める必要もなくなりますよね。
 
 
我が子のように塾の成績にずっと変化がなく、表面的なやる気が見られない場合でも、6年生の夏休み明けからのカリテや全国模試で変化が出る子もたくさんいます。
 
 
それは今までパズルのようにバラバラだった知識や解き方が、その頃になるとだんだんまとまって来るからだと思います。
 
 
いわゆる遅咲きのお子さんの成績がそうやって上昇し始めたら後はそのまま勢いを止めないで行くことができれば、一番いい状態の時に受験にあたります
 
 
バラバラの知識を上手くまとめられるよう自習室などを利用して学習させてあげてくださいね。
 
 
ちなみに自宅にネット環境があれば家に来ない家庭教師と完全1対1で苦手科目や時間を合わせてもらって勉強をするという選択肢もあります。
 
 





 

まとめ

 
子供の成績がなかなか上昇しない事は、親御さんにとってはもどかしく不安になってしまう材料です。
 
 
ですが若干の上下はあるとしても、下がり過ぎない状態で塾を続けているのであれば、急いで新たな塾も通わせるのは、子どもに混乱を招きかねません。
 
 
1つの塾だけでも子どもは必死なので、2つの塾に通わせるのは小学生の体力を越えてしまうことも考えられます。
 
 
気になるところがあるようなら、まずは教務で面談を申し込んで先生と話し合ってみてはいかがでしょうか。
(`・ω・´)ゞ
 
 

 
 
ポチっと
していただけると
HPが回復します
 
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
 
 

    この記事に関連する記事一覧

    ✉コメントフォーム

    記事の感想・質問などありましたら、こちらからお気軽にどうぞ(´ω`*)

    取りあげてほしい事などもこちらで受け付けています♪

    どんな些細な事でもOKです🌸

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    URL (空白でもOKです)

    コメント

    ちょっとだけ自己紹介

    2歳違いの子供がいる4人家族で、2人とも中学受験をして公立中高一貫校に通っています。
    中学受験を経験した親として、どなたかの参考になれば、と振り返りながら書きつづっています。
    同じく子供2人を(こちらは)私立の中高一貫校に通わせている私の姉家族の話も書いています。

    ⇒ 詳しいプロフィールはこちら

    日能研の話
    【体験談】国語の苦手克服
    国語の苦手克服 Step1
    国語の苦手克服 Step2
    国語の苦手克服 Step3
    リアルタイムランキング
      最近の投稿
    ランキングに参加しています
    ポチっとして いただけると 嬉しいです♪

    にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 受験ブログへ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    カテゴリー
    中学受験当日のリアル体験談