中学受験を決定するまで

私立中学に2人通わせる年収と学費以外にもお金がかかる話

目安時間 13分
私立中学に2人通わせる年収

『お金がかかる・・』
 
 
気持ちの中にそんな不安もありながらも、お子さんを私立中学へ進学させようとします。
 
 
すると受験のための進学塾に費用が200万円以上、私立中学は基本中高一貫校ですから6年間で600万円以上となります。
 
 
これは学校によってもかなりの幅が出てきますが、平均すると学費はこのくらいかかります。
 
 
一人っ子のご家庭でも高額な教育費です。
 
 
子供2人を私立中学に通わせたいと思ったら、中・高の6年間で気が遠くなるような金額が風に乗って消えてしまいます。
 
 
今回は、私立中学に子供2人通わせる年収と学費以外にもお金がかかることなどについてお話します。
 

スポンサーリンク

 
 

私立中学に2人通わせる年収

 

これは私の姉の家の場合の話です。
 
姉は子供を二人とも日能研に通わせ現在は私立中高一貫校に通わせています。
 
 

今回は私の子供の話をします
 
我が家の周りで私立中学に子供2人を通わせていたご家庭の多くの年収は1200万円以上のご家庭だと推察しています
 
 
というのも、よくサラリーマンの「年収の高いランキング」なんていう記事が東洋経済などで発表されますよね。
 
 
上位の10社くらいがベンチャー・IT・商社などでランキングされています。
 
 
それ以外にも非公開の企業もありますから一概にはいえませんが、その上位の年収は、およそ1200~1500万円以上といったところでしょうか。
 
 
我が家の子供2人が通っている私立中学も、多くは開業医・勤務医さんでしたが、それ以外はサラリーマンのご家庭です。
 
 
するとほとんどが、こういったランキングに入っている会社にお勤めの方ばかりといったところでした
 
 
他には、両親ともに公務員で二人ともが同額の収入があるとか、おじいちゃん・おばあちゃんに援助してもらっているというご家庭もおありのようでした
 
 
自分達だけで頑張るとするとできることは、妻がパートに出るということですね。
 
 
扶養範囲内のパート収入の上限まで働いたとしても約106万円で、私立中学の年間の学費が約100万円と考えると、それだけでは学費の支払いで終わってしまうのですね。
 
 
 

私立中学の学費以外は

 
では私立中学は学費以外にどんなお金がかかってくるか疑問に思いませんか
 
 
合格が決まり、学費を支払い、制服などの備品を用意します。
 
 
このあたりで中学生活で出ていくお金は、そろそろ終わりだろうと思われますよね。
 
 
ですが、そこでおわらないのが中学生。
 
 
学校に入学すればクラブ活動への参加も積極的に行われます。
 
 
となると運動部に入部した場合は、その競技の備品の細かなものの用意が必要になります。
 
 
使い込むとすぐにダメになってしまうシューズは、1万円以上します。
 
 
そして履いている靴下も一足で2千円程。
 
 
女の子は、どうしてもシャツの中に着るスポーツ用のアンダーが必要になります。
 
 
また学校によっては、決まったスポーツバックの指定がないところもあります。
 
 
そういった場合、どうしてもナイキなどのかっこいいブランドが欲しくなります。
 
 
運動部の経験がある親御さんならわかるかと思いますが、同じTシャツ・同じ靴下1つとってもブランド名が入っているだけで値段が上がります。
 
 
さらに運動部の子たちは、普段の服もこういったスポーツメーカーの洋服になりがちですから、その金額はとまりません。
 
 
↑ここまでは地域の公立中学校に通っても、運動部に入ればある程度かかる出費ですよね。
 
 
私立中学になると多くの中学が中学を3年間という区切りをしません
 
 
中・高6年間合わせた形で学校の授業も進みますし、運動部も合同で練習する日が増えます。
 
 
そうなると高校生の先輩たちと同じように、一緒に合宿へ出かけます。
 
 
それが熱心な部活になると夏と冬の2回、少なくても夏は必ずあります。
 
 
その前に学校側から金額の詳細のプリントが配られますが、クラブなので全員参加です。
 
 
ここまでは運動部についてのお話でしたが、最近では吹奏楽部やダンス部などの勢いが強く、全国大会はもちろん夏の合宿もあります。
 
 
吹奏楽部は毎日大変な練習量ですし、何か運動部の大会が行われれば、その応援に駆け付けるようになるので交通費もかなりかかってきます。
 
 
あまり知られていないかもしれませんが、毎年NHKホールで行われる放送部のコンテストもあり、近くの合宿所に泊まり大会に進んで行きます。
 
 
また私立中学に入学し、しばらくすればお友だちもできます
 
 
休みの日には、お友だちとカラオケに行ったり、映画に行ったりと遊ぶ約束をしてくるようになります
 
 
いろいろな地域から来ているお友だち同士なので、子どもたちは、それぞれの友だちの家のことに興味深々です。
 
 
最初はお友だちの家に遊びに行かせてもらうだけの休日が、だんだんとみんなでのお泊り会に変わります。
 
 
特に女の子は、おしゃべりしながら一緒に夜を過ごすのが大好きです。
 
 
『来週○○ちゃんの家にお泊りに行くから』と言われるとそれは持って行く手土産を用意しておいてという意味になります
 
 
しかもそれは普通に近所で買ったお菓子ということではありません。
 
 
しっかりと百貨店の箱に入ったお菓子で紙袋に入れて持って行きます。
 
 
そのお菓子も有名なところのものを選ぶので約2千円ほどかかります。
 
 
これまで小学校のお友だちの家に遊びに行く時には、スーパーで買った袋菓子を2~3つ持って出かけたことが、私立中学になると一気に値段も上がります
 
 
子供が2人共お友達の家に遊びに行くとなると、当然手土産も2個必要となり金額は倍になります。
 
 
こうした少しずつの積み重ねが、かなりの出費となって中学から6年間続くことになります。
 
 
学費だけならなんとかなる、と考えて入学してしまうとクラブや遊びで次々とやってくる出費に対応することが難しくなってきます
 


 
 

私立中学にお金がかかる話

 
兄弟がいる場合、年が離れている場合以外はたいてい塾や私立中学も重なっていきます
 
 
そのため上の子が私立中学に進学して学校の雰囲気がとても気に入った場合は、比較的同じ学校に下の子を入学させる親御さんが多いです。
 
 
我が家のように成績が全然違う場合は別々の学校になりますが、大変なことに変わりありません。
 
 
私立中学は、高校進学時に試験はありません。
 
 
高校に進学しても
 

  • 同じ先生
  • 同じクラブ
  • 同じ教室のまま
 
ということもあります。
 
 
にもかかわらず高校に入学する際には、あらためて入学金が必要になります
 
 
その金額は学校によって違いがありますが、およそ30万円くらいです。
 
 
学校によっては高校で制服も変わるところがあるので、また制服を作らなければなりません。
 
 
ある女子校の仕立てのいいコートは、購入するかどうかは各自でということになっていますが10万円以上します。
 
 
もちろんそれは毎日着用しても丈夫で着崩れしないようにしっかりとした作りになっていますが、それでもポンと出せるご家庭はサラリーマン家庭ならそうはいないと思います。
 
 
外側から制服がキッチリとしていれば大丈夫なので、中にたくさん着込んでコートなしで頑張る生徒さんも見かけます。
 
 
 

まとめ

 
地域の小学校へ通っていれば、給食もあり、遊ぶお友達も近く、それほどお金がかかるという事態は起きません。
 
 
ですが私立中学校に入ったとたんに、クラブ活動の遠征費や合宿、身の回りのものなど、いままでの生活と同じというわけにはいかなくなります。
 
 
子供が中学に入ったとたんにパートに出る親御さんが多くなるのも納得です。
 
 
この先大学卒業まで、楽になるという生活はやってきません。
 
 
あとはどれだけ出費があり、どうやってそれを乗り越えていくかということになります。
(´・ω・`)
 
 

 
 
ポチっと
していただけると
HPが回復します
 
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
 
 

    この記事に関連する記事一覧

    ✉コメントフォーム

    記事の感想・質問などありましたら、こちらからお気軽にどうぞ(´ω`*)

    取りあげてほしい事などもこちらで受け付けています♪

    どんな些細な事でもOKです🌸

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    URL (空白でもOKです)

    コメント

    ちょっとだけ自己紹介

    2歳違いの子供がいる4人家族で、2人とも中学受験をして公立中高一貫校に通っています。
    中学受験を経験した親として、どなたかの参考になれば、と振り返りながら書きつづっています。
    同じく子供2人を(こちらは)私立の中高一貫校に通わせている私の姉家族の話も書いています。

    ⇒ 詳しいプロフィールはこちら

    日能研の話
    【体験談】国語の苦手克服
    国語の苦手克服 Step1
    国語の苦手克服 Step2
    国語の苦手克服 Step3
    リアルタイムランキング
      最近の投稿
    ランキングに参加しています
    ポチっとして いただけると 嬉しいです♪

    にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 受験ブログへ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    カテゴリー
    中学受験当日のリアル体験談