中学受験中の親の話

中学受験する時 親ができることは?口出しする時や勉強を教える時はこうした

目安時間 13分

子供はテストの成績が悪かった時や授業が分からない時など、親にそのまま『わからない』ということは間違いなく言いません!
 
 
それは、わからないことは親に怒られることを自分から言ってしまうようなものだと思っているからです。
 
 
そして『あなた、こんなに成績落ちてるじゃない?』と一言でも親の口から出てしまったら、子供は何がなんでも隠すようになります。
 
 
それでは、どうしたら子供の成績を把握しながらさりげなく指導したりできるのでしょうか?
 
 
その時々の役を姉一家のケースでお話します。
 

スポンサーリンク

 
 

中学受験する時 親ができることは?

 
これは私の姉の家の場合の話です。

 
姉は二人の子供を私立中高一貫校に通わせている専業主婦です。
 
 

今回は私の子供の話をします
 
私の2人の子供は日能研に通っていました。日能研では
 

  • 4年生のうちは2週間に1度の土曜日
  • 5年生からは毎週の土曜日
 
に全国テストがあります。
 
 
これだけでも驚くほどですがこれが受験までずっと続きます。
 
 
 

4年生では

4年生のうちは、それまでも塾に通っていた子供もいるので、そこで「うちの子は成績が悪い」というように思うのはまだ早いと思います。
 
 
とはいえそれは今振り返って思えば・・の話なので当時は成績が悪すぎるんじゃないかと落ち込み『ちょっと!これで大丈夫なの?』と余計な口を出してしまうこともしばしばでした。
 
 
でも口を出すだけでは成績は上がりません。
 
 
成績は上がらないうえ子供にウザがられて終わりです。
 
 
そこでまずは、そのテストを見て必ずファイルさせることを始めました
 
 
これは2週間に1回としても一年間でかなりの量になりファイルからあふれるほどになります。
 
 
そしてテストをして間違えたところを必ずわかるようにフォローします
 
 
といっても大人にとっては意外に忘れてしまった小学生のテストは難しいものです。
 
 
答えもあるので私も勉強をして子供に説明をして必ずやらせました。
 
 
 

5年生では

5年生になると毎週のテストが土曜日にあり成績によって座席の順番が変わります。
 
 
さらに悪くなるとクラスが落ちてしまうこともあります。
 
 
さすがにクラス落ちしてしまうと私もつい頭に血が上ってガミガミ叱ってしまうこともありました。
 
 
ですがクラス落ちしないときには努めて簡単にフォローするように『座席は何列目だった?』ぐらいで済ませるようにしました。
 
 
一番気にしているのは、本人なので次のテストで上がることが多いです。
 
 
日能研では、その全国テストで上位がプリントされた冊子が配られます。
 
 
そこに名前が載るようになると、本人がうれしいのでテストの結果を気にするようになってきます。
 
 
その冊子は全国版なので、やはり一番上のクラスに在籍していないとなかなか名前はあがりませんがクラスの座席は変わります。
 
 
最終列になるようなると本人が慌てます。
 
 
もちろん親も慌てますが、つとめて冷静に冷静に見守ることが親の大事な役割ですね。
(なかなか難しいのですが・・)
 
 
 

中学受験 親の口出しはどこまで?

 
自分では頑張っているはずなのに、どうしても成績が上がらないという時期もあります。
 
それは
 

  • 自分のあまり得意ではない分野を勉強している時
  • 運動会や音楽発表会などの学校の行事などの練習で疲れ切っている時

 
が多かったように思います。
 
 
そうした時に一時的に成績が落ちる場合はあります
 
 
普段から『あれしたの?これしたの?』と口うるさく言っている母親の意見は基本的には聞き流されます。
 
 
我が家では平日はわからない箇所を私が勉強を見て教えていました。
 
 
ですが成績が落ちた時は、母親ではなく父親の出番でした
 
 
土日などに父親がいる時に勉強していると、本人が父親は気を向けてくれていると思うようで『お父さん、これわからない』などと話すようになりました
 
 
それは私が先にお父さんに『どこどこがわからないらしいよ』とあらかじめ言っておくからです。
 
 
そしてさりげなく『どこがわからないの?』という感じで会話にしてもらっていました。
 
 
小学生は自分の部屋で勉強するのがあまり得意ではなく、1人になって時間を作って勉強するのが苦手です。
 
 
ですからリビングで塾のテキストを広げていました
 
 
すると子供が自然な形でわからないことを聞いてきます。
 
 
もちろん解る問題は丁寧に教えてくれていましたが、正直お父さんにはわからない問題を全部解いて教えてやってほしいということは期待していませんでした。
 
 
本人が問題を解いている間に、さりげなく他の問題も見て
 
『へぇ~。こんなに難しいことしてるんだ!』
『すごいね~』
『じゃあこれはわかるの?』
 
なんて言ってくれると子供はちょっと誇らしい気持ちになるようで素直に勉強に向かうようになりました
 
 
父親は基本的に平日には関わりがありませんので、土日にそんな感じで勉強に付き合ってもらうようにして父母で役割分担をしていました。
 


 
 

中学受験 親が勉強を教える時は

 
『最近の小学生の勉強は難しいよね。』
 
中学受験で頑張っている子を持つママ友との会話は、これに付きます!
 
 
私が小学生だった遠い昔には、塾に行かなくても普通に学校の勉強だけで済んでいたという人がたくさんいました。
 
 
ですが今は特に算数など、どうやったらこの問題を小学生が解くの?というようなひねりにひねった問題ばかりが並びます。
 
 
よく電車のドアに日能研の広告が貼ってあるのを見たことがありませんか?
 
 
いつの間にか本気で考えて、それでもわからないなんてことも・・
 
 
私は、恥ずかしながらぼんやり広告の問題を見て考えていて答えが分からず、どこの中学の受験問題なのかを見ました。
 
 
そうしたら我が子が合格した中学の問題でかなり驚いたことがあります。
 
 
そんな難しい問題に正解しなければ合格できない今の子供たちは、それは大変です。
 
 
そうやって考えるとやはり3年間という時間が必要になるのかとも思います。
 
 
 

子供は先生に聞けない

積極的なお子さんなら、わからないことを休み時間に先生に聞きに行くことができるでしょう。
 
 
ですが我が家の下の子はとてもそういうことができるタイプではありませんでした。
 
 
社会や国語は答えを見ればわかります。
 
 
ですが答えを見てもどうしてその答えになるのかがわからないのが算数です
 
 
それをずっと貯めてしまうと、わからないまま学年が上がるだけになります。
 
 
完全に横に一緒に座って勉強するのは本人にとっては苦痛です。
 
 
そのために土日に父親がチラッと見て教えながら主にほめるのです。
 
 
なので、父親もパソコンなどで仕事をしながら子供が『お父さん、わからない』と言われた時にだけ『なに?これは難しいね』という風に接していました
 
 
すると分かった本人もすっきりしますし、勉強を強いられているような気持ちにもならなかったようです。
 
 
親が勉強を教える時は監視ではなくあくまでサポート役に徹するように心がけていました。
 
 
 

さいごに

 
塾は長年の蓄積されたデータや教えるノウハウを持っているので、無駄なく的確に教えてくれます。
 
 
なので他のことまで勉強することはありません。
 
 
ですがそれでもちょっとわからないという難問があります。
 
 
本人が質問できないとそういうことが積み重なってわからなくなっていきます。
 
 
ですから、見ていないようで、さりげなく見るようにすると子供の気持ちも楽になりますよ。
 
 

 
 
ポチっと
していただけると
HPが回復します
 
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ
にほんブログ村
 
 

    この記事に関連する記事一覧

    ✉コメントフォーム

    記事の感想・質問などありましたら、こちらからお気軽にどうぞ(´ω`*)

    取りあげてほしい事などもこちらで受け付けています♪

    どんな些細な事でもOKです🌸

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    URL (空白でもOKです)

    コメント

    ちょっとだけ自己紹介

    2歳違いの子供がいる4人家族で、2人とも中学受験をして公立中高一貫校に通っています。
    中学受験を経験した親として、どなたかの参考になれば、と振り返りながら書きつづっています。
    同じく子供2人を(こちらは)私立の中高一貫校に通わせている私の姉家族の話も書いています。

    ⇒ 詳しいプロフィールはこちら

    日能研の話
    【体験談】国語の苦手克服
    国語の苦手克服 Step1
    国語の苦手克服 Step2
    国語の苦手克服 Step3
    リアルタイムランキング
      最近の投稿
    ランキングに参加しています
    ポチっとして いただけると 嬉しいです♪

    にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 受験ブログへ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    カテゴリー
    中学受験当日のリアル体験談