国語 その3

中学受験の国語 ことわざ・慣用句の覚え方と勉強法

目安時間 14分

塾に通っていると、ことわざや慣用句の小テストをすることが多々ありますが、満点を取る子もいれば半分も覚えていなくて再テストになる子もいます。
 
 
息子が言うには、満点を取っているのはいつも同じ子だし、再テストになっているのもいつも同じ子だというのです。
 
 
おそらくワザとではないと思うのですが、以前先生が配るテストを間違っていて、こんなところ勉強してない!という部分のプリントを配った時いつも満点の子でもさっぱり問題が解けなかったそうです。
 
 
ということは、どこで差がついているかといえば結局勉強方法なわけなんですよね。
 
 
今回は中学受験の国語のことわざや慣用句の覚え方と勉強法についてお話したいと思います。
 

スポンサーリンク

 
 

中学受験の国語 ことわざ・慣用句

 

私は二人の子供を公立中高一貫校に通わせている専業主婦です。
 
 

今回は私の子供の話をします
 
我が家の息子は国語が超絶に苦手でしたが、長文読解とは違い、覚えていればできる知識問題では割と点がとれていました。
 
 
というか、国語の他の単元はダメダメだったので『この部分では取りこぼしなく得点しなければ』と本人も親の私も思っていました。
 
 
ところが国語という教科に苦手意識があるのか、取りこぼしてはいけないというプレッシャーがあるのか完璧にできるとは言い難いものでした
 
 
ある時、小テストに「せきを切る」という慣用句が出題されていました。
 
 
そこで私は、テストを返された後に尋ねてみました
 
せきを切るの『せき』は何?
 
風邪ひいたときにでる、あのゲホゲホする咳?今座ってる座席の席?
 
川の水をとめてる板
 
子どもの答えはばらばらですが正解は川の水をとめてる板です
 

出典:Wikipedia
 
こう答える娘のような子が、いつも満点の子です。
 
 
息子の答えは風邪をひいたときに出る咳でした。
(。-∀-)
 
川の水をとめてる板をズバっと切ったら、水がどばーっと飛び出してくるでしょ。だから、急に激しい様子になるっていう意味よ
 
おおー、覚えやすい
 
と、リアクションだけはかわいいのですが、ここで感心している割に、いつも小テストの点数があやしいのです。
 
 
いつも高得点の娘はとくにリアクションがありません。
 
知ってた?
 
うん
 
なんで知ってるの?
 
調べたもん
 
ことわざや慣用句に使われている言葉を『元から知ってた』という子はめったにいません。
 
 
知らない言葉を調べるか、調べないか、ここで差がついているわけですね
 
 
 

ことわざ・慣用句の覚え方

 
ことわざや慣用句というのは、もともとはカッコつけた言い回しだったものが、みんな使い出したので当たり前の表現になったようなものですからすべてちゃんと由来があります
 
 
得意な子は『なぜこの言葉がそんな意味になるのか』が分かったうえでやっているので、丸暗記をしなくても、ことわざや慣用句を見るとどんな意味なのかすぐに思い出すことができるわけですね。
 
 
「豆腐にかすがい」なんて見たときに『かすがいって何?』という疑問から語句を調べます。
 

出典:デジタル大辞泉コトバンク
 
かすがいを理解できると『でっかいホッチキスの針を豆腐に刺すんだ、これなら「のれんに腕押し」や「ぬかに釘」と一緒で手ごたえがないね』
 
 
と思うことができますが、苦手な子は
 

  • 豆腐にかすがい=手ごたえがない
 
という一問一答形式の丸暗記をしたがるので数が多くて覚えきれずに取りこぼしが発生するわけなんですね
 
 
でも、中にはすごく記憶力のいい子がいて丸暗記で小テストを突破していくことがあります。
 
 
点が取れているので親も本人も満足しがちですが、こういう子が実は危険だったりします。
 
 
「せきを切る」の「せき」が何か調べた子は、次に「せき止める」という言葉を見たときも、応用なので簡単に意味を理解できます。
 
 
「豆腐にかすがい」の「かすがい」を調べた子は「子はかすがい」なんていう言葉にも対応できます。
 
 
「せき」や「かすがい」が何か調べなかった子は、「せき止める」「子はかすがい」を見たとき、また丸暗記が追加です。
 
 
全部丸暗記なので慣用句の知識を慣用句以外に応用できないのです
 
 
テストのためだけに丸暗記していると、肝心の慣用句の意味すら時間が経てば忘れています。
 
 
大切なのはなんでそうなるのかということなので、丸暗記だと大事なことが抜けてしまうわけですね。
 

 
 

ことわざ・慣用句の勉強法

 
ことわざ・慣用句の勉強法は丸暗記ではなく、どうしてそんな意味になるのかを学ぶということになります
 
 
ですが一人でこれをやるのはなかなか大変です。
 
 
なぜ大変かというと、大体の教材が一問一答形式で意味だけ書いてあるからです。
 
 
子どもは与えられた教材を
 

  • 一生懸命眺めたり
  • 書き取りをしたり
  • 自分でテストをしたり
  • 覚えていく
 
わけですが、なんでそんな意味になるのかはいちいち調べないと出てこないわけですね。
 
 
教材にどうしてそんな意味になるのかが載っていない理由はことわざや慣用句の由来を細かく書いていたらどんどんページが膨らんで、それだけで一冊の本になってしまうからです
 
 
だから参考書や問題集に細かい説明が乗っていることはめったにありません。
 
 
塾の場合、教材費が限られているので塾のテキストとしてことわざの本を一冊買わせるということはありません。
 
 
そういうことをしだすと
 

  • じゃあ慣用句の本も・・
  • それなら理科の図鑑も・・
  • 社会の資料も・・

 
というふうにきりがなくなって教材費がはねあがってしまいます。
 
 
ことわざ・慣用句を本気で克服したいのなら、お子さんと本屋さんに一緒に行ってことわざ・慣用句だけで一冊の分量になっている本を買ってあげるのが一番いいのではないかと思います
 
 
私は小学生のころ、四コママンガで覚えることわざの本を持っていました。
 
 
勉強を抜きにしてもマンガとして面白かったので、何度か読み返しているうちに大体のことわざを覚えてしまいました。
 
 
ことわざや慣用句は古い時代の言葉なので、絵やマンガがついていてイメージがわきやすい本のほうが、文字だらけの本よりも勉強しやすいと思いますよ
 

小学生のまんがことわざ辞典 改訂版

新品価格
¥1,080から
(2019/3/7 16:12時点)


 

小学生のまんが慣用句辞典 改訂版

新品価格
¥1,080から
(2019/3/7 16:14時点)


 
 
 

まとめ

 
ことわざや慣用句の単元は、塾のテキストや総合問題集などに一問一答形式で数ページ掲載されていることが多いですが、そういう教材だけで勉強していては、覚えられないほうが当たり前なのです。
 
 
なぜそんな意味なのかが小学生でもイメージしやすい本を、しっかり用意してあげることが大切ですね
頑張ッテ(*'ー'*)b
 
 
ここまでご覧いただき、ありがとうございました。
 
 

 
 その他のStep3(国語の単元)の苦手克服の記事はこちら
 
 
 Step1・Step2の記事はこちら
 
 

 

ポチっと
していただけると
HPが回復します
 
にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
にほんブログ村
 
 

    この記事に関連する記事一覧

    ✉コメントフォーム

    記事の感想・質問などありましたら、こちらからお気軽にどうぞ(´ω`*)

    取りあげてほしい事などもこちらで受け付けています♪

    どんな些細な事でもOKです🌸

    名前  (必須)

    メールアドレス (公開されません) (必須)

    URL (空白でもOKです)

    コメント

    ちょっとだけ自己紹介

    2歳違いの子供がいる4人家族で、2人とも中学受験をして公立中高一貫校に通っています。
    中学受験を経験した親として、どなたかの参考になれば、と振り返りながら書きつづっています。
    同じく子供2人を(こちらは)私立の中高一貫校に通わせている私の姉家族の話も書いています。

    ⇒ 詳しいプロフィールはこちら

    日能研の話
    【体験談】国語の苦手克服
    国語の苦手克服 Step1
    国語の苦手克服 Step2
    国語の苦手克服 Step3
    リアルタイムランキング
      最近の投稿
    ランキングに参加しています
    ポチっとして いただけると 嬉しいです♪

    にほんブログ村 受験ブログ 公立中高一貫校受験へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 受験ブログへ
    にほんブログ村

    PVアクセスランキング にほんブログ村

    カテゴリー
    中学受験当日のリアル体験談